スマートフォンの買い替えについて

スマートフォンの登場してからかなりの期間がたち、進化もかなりのレベルになっています。何しろ日本の市場でガラケーがメインだった頃から 10年もたたないうちに、スマートフォンが席巻してしまったわけです。
最近ではスマートフォンでの文字入力画面になり、こちらはできても、パソコンのキーボード入力ができないと言う新たなデジタルデバイドが発生している位です。そんなスマートフォンですがこれからもどんどん進化していくのでしょうか。日本の市場においてもまだまだ5000万人以上がガラケーを使っています。
いまだにガラケーを使っているユーザーがスマートフォンに買い替えるためにはどんな機能が必要なのかはまだまだ研究する必要があると思います。逆にすでにスマートフォンを使いこなしている層にとっても機能が飽和している現段階でどういった進化が受け入れられるのかかなり難しい段階に入ってきているのではないでしょうか。
これまでのようにお客様の声を聞いて、機能改善、さらにはシーズを掴み取るといった手法ではまず、次のメインを担うことは難しいといえます。日本においては50パーセント以上のシェアをほこるアップルでさえもこれから、継続してイニシアチブを握り続けることができるかどうかもだれも断言できない状況にあるとおもいます。
こんな状況だからこそユーザーもスマートフォンの買い替えどきにはかなり難しい段階に入っていきます。政府の方針で少しずつ変わりつつあるとはいえ、大手通信キャリアとはまだまだ2年縛りというハードルが高い状況です。
一方でこれまでのトレンドをかえてしまうようなスマートフォンがいつ発売されるのかは、なかなかわかりません。常に新しいスペックを楽しみたい方々にとってはとにかく、難しい時代に差し掛かりつつあります。いろいろな情報を見極めながら、買い替え時を探るようにしなければなりません。なかなか正解はありません。
そういえば、iPhone7の情報解禁まであと少しですね。
iPhone7はsuica機能もつくようです。注目です。

まずは腕時計くらいから

豊臣秀吉は大坂城に黄金の茶室というものを作ったんです。
茶道っていうのは侘び寂びが重視されますから、黄金なんて茶室には似つかわしくないのかもしれません。
しかし、私は黄金の茶室っていいと思うんですよ。最高じゃないですか、黄金なんて。
もちろん、金ピカしてるものをなんでもありがたがるのも俗物といえますが、いいじゃないですか俗物でも。
要は自分が思う最高のものを一度は設えてみたいじゃないですか。
侘び寂びは心の中にあればいいんですよ、いや、黄金に憧れている時点で侘び寂びなんてないのかもしれませんが。

私はとある理由があって、いつの日にか黄金のインゴットを200億円分くらい自分のものにしてみたいんです。まさに俗物といえる夢ですが、それでも夢なんです。
豊臣秀吉は猿、猿呼ばれてみじめな思いをしてきた人ですが、将来大物になりたいという夢を追い求めて、その一つの到達点が黄金の茶室だったんだと思います。
私は自分が200億円の黄金のインゴットを持てる程の人間でないことは理解しているつもりですが、それでも夢は見たいんです。

今回は黄金に焦点を当ててうだうだ書いてきましたが、つまり最高のものを追い求めるっていうのは生きる活力になるってことを言いたかったんですよ。
別に黄金じゃなくてもいいですけど、黄金っていうのは多くの人が描く最高のもののイメージにぴったりだと思うんですよね。
豊臣秀吉が惨めな思いをしていた時に美しい黄金をみて感動したんじゃないかと私は勝手に思っています。
その感動が忘れられずに、そしてその感動を自分で手に入れたいと思って天下取ろうと励んだんだと思います。

最高のものを手に入れたいという願望は、時に天下を取るくらいのエネルギーを生むんだと私は思っています。
だから、私は200億円分の黄金のインゴットをいつも頭の片隅に置いて仕事するんです。
200億円の黄金のインゴットなんて最高のものだと思うんですけどどうでしょうか。
いつの日か夢を叶えたいと思いながら過ごすのは結構励みになりますので、ぜひ実践してみてください。
私の例は極端すぎるので、最初は「最高の腕時計が欲しいな〜」くらいから始めるといいと思いますよ。

最高のもの=高いではない

良いものというのはそれなりの値段がするものです。
確かに格安のファッションセンターで売られている洋服よりも、高級ブティックで売られているものの方が質も良いですしその分値段も高くなります。

安かろう悪かろう…とはよく言ったものですが、
かと言って値段が安いものが確実に粗悪品という訳ではありません。

食べ物が良い例だと思います。
原産地に行けば良いものを安く食べることが出来ます。

洋服や電化製品の場合は原産地で買うという概念が無いので、そういうことは出来ません。だから、値段の性能がどうしても比例してしまうものなのですが、洋服にしろ電化製品にしろ形は確かに安い方が不格好な感じがしますが、素材はそれほど変わらなかったりします。

高いものがなぜ高いのか…その秘密は結構外見にあったりします。
同じメーカーのものでも形の良いものとそうでないものでは、やっぱり値段がちょっと違ったりします。

ここで何を言いたいのかと言うと、安いから悪いものではないということです。
製品には何を素材に作られているか、どのような仕組みになっているかの仕様が公開されています。そういうものをある程度認識することが出来れば、安くても良いものを買うことが出来ると言えます。

高級外車を例に挙げましょう。
新車で登場した時の値段と、それからちょっと走行しただけの1~2年くらいの型落ちのものの値段には雲泥の開きがあります。なんでこんなに開きが出てしまうのか。それは結局、もともとそれくらいの価値しかないものということではないでしょうか。新車時というのは、まだ誰も乗っていない、新しいなどの付加価値が付いてきますが、それが無くなった本来のモノの値段が1~2年後のものなのだと思います。車は消耗品なので年数が経てば経つほど安くなりますが、そういうことなのだと思います。

高いから良いものでは決してないということを我々は理解するべきですね。
良い買い物をするために覚えておいて損はないと思います。

最高のティッシュ「十二単」

最高級品というと庶民にはなかなか手が出せないものばかりですが、元が安いものであればその最高級と言っても手が出なくはありません。今回私が着目したのは、ティッシュの最高級品です。

その名も『十二単(じゅうにひとえ)』です。

このティッシュは十二単というだけあって、12種類の色のティッシュが組み込まれており、更に一枚一枚が超高級ティッシュとなっているものです。12種類の色を組み込む術が機械では出来ない為、全て手作業で行っているとのこと…。

その為、価格はなんと驚愕の一万円!

144組(288枚)の構成になっていて、1組70円だそうです。

手作業だということを考えれば妥当な感じもしますが、それにしてもやっぱり高いですよね。

何と言ってもティッシュ一箱一万円ですからね…。

間違っても普段使いは出来ませんね。

何かおめでたい時やお誕生日などネタ的な意味を込めて贈るのが妥当でしょうね。
真剣に贈られてもなんだか気味悪いですし…(笑)

とはいえ、貰って使ってみてビックリすることは間違いありませんし、何かとっておきのところで皆さんへ振る舞う意味で使っても面白い物だと思います。

ティッシュで一万円というとなかなか手が出ませんが、それでも一万円です。誰でも買える最高級品であることは間違いありませんね。

なので是非十二単を送ってみては如何でしょうか…
と言いたいところなのですが、2014年3月10日に数量限定発売されたということで…おそらくもう売ってないのではという可能性が高いと言えます…。

こんな風に最高級品でも元が安ければ誰でも買えたりするものが多いので、こういうものを狙ってみるのも面白いかもしれませんね。とはいえ、誰でも買えると言ってもティッシュで一万円はやっぱり高いですけどね…。

生ハム原木最高!

最近ちまたで流行っている『生ハム原木』、みなさん試してみましたか?試す…と言っても、ちょっと敷居が高いイメージがありますよね。興味があるけどなかなか手を出せなくて…という人は、『通販』を利用することをおすすめします!

なぜ通販がよいか…というと、まずは何と言っても“コスパ”でしょう。
某デパートで原木が吊るされているのを見ましたが、た…高い…。まあ確実に美味しいんでしょうけど、簡単には手が出せないですよね。しかし、通販だったらおそらくこの半分以下の価格で買えるでしょうし、私が買っている通販のお店なら、ホテルやレストランに卸している専門のショップなので、味も品質も保証できます。さらに木の生ハム台、専用のナイフ、保存用のカバー、説明書などが一式セットになっているので、すごく簡単に“生ハムライフ”をはじめられちゃうんです。これだけ揃っていて2万円台って、すごいですよね。しかも保存方法をきちんとしていれば半年くらい持つので、いつまでも生ハムを楽しめちゃうんです。

あ、でも通販が良いからと言って、どこでも良いってわけじゃないので注意してくださいね!あんまり大きな声じゃ言えませんが、激安!!!なんて売り出しているところは商品自体もイマイチみたいだし、原木だけボンと送られてくるので困っちゃった…なんて口コミをよく見るので。気をつけてくださいねー!

一流って素敵ですね

どのような分野でも一流と言われている方は素晴らしいですね。 もちろん人間なのでその方の全てを素晴らしいと言っている訳ではありません。

その方の思考や実践法などを聞くと凄いと思う訳です。

今まで考えたことが無いような思考法や当然の事を当然のようにすることがどれだけ大切かを改めて認識させられます。

野球でしたらイチロー選手、経営だったら孫さん、堀江さん。 やはり非常にアトラクティブな人たちですね。

合理的な考えをしつつも好きな事を追求してやっていることが羨ましいです。 多くの人が人生を「やらされて」います。

上司からの指示、先輩からの指示などなど。

でも一流の人は決して「やらされて」いません。 自分で「やっている」のです。

人からやらされるのと、自分で自主的にやるのとでは雲泥の差があるということをまずはしっかりと認識したほうが良いでしょう。

やる人生で結果を出す。 難しいようにも思えますが、やり続ければそれなりの結果はついてくるものです。

天才的な画家や職人だって一日でその域に達したわけではありません。 大好きでそして努力したからこそどの域に達したのです。

そしてやらされているわけではなくやったひとだけが一流になっています。 誇りとプライドそして自信を持って自分のやりたいことを追求する。

とても素敵な事ですね。 安定志向が大切という人がいますが、何が安定なのかさっぱりわかりません。

人に左右され、人のご機嫌をとって生きる人生に何の価値があるのでしょうか? だって人生は一度きりなんですよ?

無駄にしたら勿体ないというかお馬鹿さんですよね。 誰もが一つは人より秀でたことがあるはずです。

そこを追求すれば面白いことになると思います。 感情を押し殺し、やりたくないことをやって雇い主に飼い殺しされる。

これで良いと思う人はその道を進み続ければ良いと思います。 私はそのような道は選びませんけどね。